カテゴリ:京都( 13 )
かき氷
先週の話なんだけど。
歯医者さんに行ったついでに茅の輪くぐりをしてかき氷を食べてきました。

祇園祭は、宵山と山鉾巡行がクローズアップされるんだけど、本当は結構長い期間やっていて、最後を締めくくるのが八坂神社で行われる7月31日の夏越祭です。
京都新聞の記事
写真にあるように茅の輪をくぐり、無病息災を祈ります。わたしも長い列に並んで、くぐってお祈りしてきました。
くぐった後は、茅をいただけるので(多分早い者勝ちなんじゃないかなあ)、おまいりに来た方達は自分でミニ茅の輪を作ってましたが、自分…不器用なんで…、茅の輪のお守りを頂いてきました。

で、その後、暑いしなにかを噛みたくないし、かき氷を食べました。
今回行ったのは「月ヶ瀬」さんです。

メニューも絵本みたいにかわいいの。
b0041253_17555433.jpg


食べたのは、宇治ミルク金時です。小豆は、一番底に入っています。お茶の味がとても濃くておいしかったです。白玉もつるつるでもちもちでおいしかったー。
b0041253_1756191.jpg

[PR]
by ckaede | 2010-08-07 17:56 | 京都
かき氷
今日は健康診断でした。
近親者に乳がん患者がいるため、会社でやってもらえる普通の健康診断に自費でプラスして乳がん検診をつけてもらったので、病院に出かけてきました。(ところで、うちのパソ子は「けんしん」って変換したら謙信ってでた。)
とりあえず乳がんの所見はないそうで一安心。
来年からも続けて行こうと思います。

で、昨日の夜九時から食事を禁じられていたのですが、昨日は慌ただしくしていて九時までに食事がとれず、帰宅は十時でした。十二時までは水分を取っていいということなので、やけくそのようにお茶を飲んで空腹をしのいだのです。健康診断が終わったのが今日の昼の十二時だったので、丸一日食事を摂らなかった自分へのご褒美・・・ってへんやな、お詫びと補償(それもちゃう?)ということで、かき氷を食べに行きました。

去年、京都の無料情報誌で(名前はゴバーン)紹介されていたかき氷がおいしそうだったので狙っていたのと、こないだ祇園祭で購入した「吉兆あゆ」が非常においしかったという二つの理由で大極殿本舗さんの甘味処、栖園さんに行ってきました。
お目当てはねー、黒みつしぐれ!!
b0041253_2153145.jpg

もー、明らかにおいしそうなビジュアル。
上に黒砂糖がかかっています。すくって口に入れると、黒砂糖の乾いた感じが一瞬舌に触れた直後に氷がしゅわっと溶けて水分がしみこみます。乾いていたものが「一瞬で潤う食感」というのを味わえます。かき氷に蜜だけでなく乾いたものをかけようと思ったことがなかったんですが、ものすごく面白い食感で気持ちよかったです。
黒みつは甘すぎずおいしいです。真ん中はみつがあまりかかっていないので、蜜で溶かされていない氷の食感も楽しめます。ここの氷はものすごく繊細で、舌の上にのせたらすぐに溶ける「はかない感じ」がとてもおいしいです。蜜は底の部分にしっかりかかっているので食べているうちに溶けちゃった氷のせいで水っぽくなるようなことはありません。だからわたしは使わなかったけど、追加用黒みつもついてます。もちもちした白玉は、ちょうどアイスクリームにおけるウエハースのような、舌が冷えたのをちょっと和らげてくれるかんじがします。これもおいしい。
炎天下でほおばって、奥歯でガリガリと固まりを噛みつつ食べるようなワイルドなかき氷もいいけど、こういう繊細なかき氷もやっぱりいいなと思います。
大満足!

ここの甘味処は「琥珀流し」というお菓子が有名です。ものすごく柔らかい寒天に、みつがかかっているのですが、見た目の美しさと季節感あふれるみつ(月替わり/冬期はお休み)がおいしくて人気なんですって。食べたことがないから次はこれを狙いたいです。だがしかし「次」候補はもう一つあるのです。かき氷の「梅酒みぞれ」です。なんかすごくおいしそうでした。梅酒が大好きだし。てっぺんに梅が乗ってたし!
再挑戦しようと思います。
[PR]
by ckaede | 2010-07-24 22:12 | 京都
よいよい
祇園祭、宵々山に行ってきました。
去年は宵々々山に行ったようです。

今年はちょうど豪雨の時期に当たってしまい、山や鉾は大丈夫かなと思ってましたが、雨よけをかけたりしてきちんと保存もしておられました。高価な文化財だから、大変だろうなあと思います。毎年続けて行くための努力には本当に頭が下がります。

で、今年の写真は鯉山。
b0041253_18545748.jpg

明かりが灯るとやっぱりきれいだなと思います。

毎年恒例のりんご飴を買って、近くで見つけた「ヨーヨー釣り」も参加しました。
b0041253_18555289.jpg

だってクマがいたんだもん。
クマは屋台でも大人気で、クマ柄のわたあめ袋とか、水笛の上にクマが乗っていたりとか、クマだらけのくじ引きとか、いろいろ見ました。
屋台は毎年流行り廃りがあるんだけど、今年はご当地ものが多くて、肉巻きおにぎりのお店がたくさんありました。あとは青森つゆ焼きそばとか、富山の黒ラーメンとか。お好み焼きも「はしまき」って形で売っているのが増えていました。薄くクレープみたいに焼いて、お箸にくるくる巻き付けてあります。

今年は買った吉兆鮎あゆ。
b0041253_1914143.jpg

占出山で売っている、お菓子です。若あゆって言われる、あれ。
詳しくはここをご覧あれ。
今回はおいしさに興奮して中身の写真を撮るのを忘れました。
若あゆは、中身がぎゅうひなのですが、それがふわふわですごくおいしいんです。なんというか、メレンゲぽいようなかんじもします。白くて口溶けがよくて、でも「もちもち」もしています。
おいしかったー。買ってよかったー。うっとり。
長く続けて頂くために、どこかの山か鉾のオフィシャルグッズ(?)を一つは購入していこうと思っているんですが、来年もこれになりそうです。

で、見て回った後お食事に・・・ってことで、なんてことないチェーンの居酒屋に入ったのですが。
b0041253_1964772.jpg

こんなキャンペーンをやっていて、
b0041253_197819.jpg

ちゃっかり当てて帰ってきました。むふ。
いいことあった祇園祭。
[PR]
by ckaede | 2010-07-15 18:51 | 京都
二条城ライトアップ
毎年恒例となりました。会社帰りのイベントです。
二条城ライトアップへ今年も行ってきました。
去年は、桜のピークより少し早めに行ったのであまりたくさんは咲いていなかったのですが、今回はかなりの木が花を咲かせていました。
その分、前半チームというか始めの方に咲く花は見られませんでしたが。

二条城のライトアップは結構期間が長いのですが、桜の種類も豊富なので見頃の時期が少しずつずれており、それだけの期間楽しめるということです。

「アマヤドリ」という品種の桜がしっかり咲いているところに今までは出会えていなかったので、今回初めて出会えてよかったです。
b0041253_2272522.jpg

暗くてiPhoneのカメラでは上手に撮れませんでした。
大きな花で、八重になっています。ちょっと下向きに咲いています。花のボリュームがあるのと、少し下に向いている感じがあるので、確かに雨宿りに木の下に入れてもらうのもよさそう。
桜の花の香りを感じながらの雨宿り。春の冷たい糸のような雨が降っていて、月も見えなくて、でも桜の花は白っぽいからほんのり明るいような気がしてつい空を見上げてしまいそう。

香りが強い品種もあるし(この香りをおかずに餅が食べられそう!)、色の濃い品種もあるし、しだれ桜もあるし、いろんな桜を堪能しました。
今年も行ってよかったです。

来年も行くぞ!
[PR]
by ckaede | 2010-04-05 19:44 | 京都
桜餅
嵐山までお散歩に行ってきました。
我が家から嵐山までは3km程度と、行き帰り歩けばちょっとしたお散歩になります。
多分来週末は人ごみでろくに歩けないし車も大渋滞になるだろうと予測されるので、ゆっくり散歩してきました。

咲き始めの桜。
b0041253_14514138.jpg

青空の下の誇らしげな桜もいいけど、曇り空の下の桜もいいです。もの言いたげに微笑んでるうつくしいひとを見たような気持ち。
ちょっと桜には早いんだけど、そういえば今日は春休み中の休日。渡月橋周辺は混んでいました。そして、十三参りの時期なので、スーツ姿や肩上げしているお着物を来た子供達がたくさんいました。

嵐山、春、といえば桜餅!
桜餅を売っているお店はたくさんあるんだけど、二カ所で桜餅を買い求めて参りました。

まずは琴きき茶屋さんの桜餅。
b0041253_1458593.jpg

ここの桜餅は、あんこが入っていません。白い桜餅です。桜の葉の塩気と、ほんのり甘い道明寺もちがおいしいです。桜の香りが道明寺にしっかりうつっているので、お餅をはむって噛むときに一緒に深呼吸をするのがいい。もう一つのは、中に道明寺が入ってあんこでくるんであります。嵐山をかたどっているらしいです。あんこの甘みがしつこくなくておいしいです。どちらのお餅も、道明寺のもちもちっとつぶつぶっとした食感が気持ちいいです。

次は、鶴屋寿さんの桜餅です。
b0041253_157459.jpg

桜の葉っぱがかぶっているからわからないですが、こちらはとても小さいです。そしてこちらも白い桜餅。ぺろっと食べられます。道明寺が柔らかくて、なかからやっぱり柔らかいあんこが出て来て、幸せです。あんこもお餅も葉っぱも質がいいと思います。桜の香りも豊かです。ここの桜餅は、桜の葉がおいしいと思います。葉っぱを外してもつけたままでもおいしい。

桜の葉っぱをめくって写真をとればよかったような気がする。
とにかくどちらもおいしかったです。
春を満喫しております。
[PR]
by ckaede | 2010-03-28 15:13 | 京都
よいよいよい
祇園祭に行ってきました。
宵々々山です。それでも12万人の人出だったそうです。

会社が終わってからすぐに、ゆっくり四条通を歩いていきました。

少しずつ暗くなって来て、明かりが存在感を増してくるのがいい感じです。
これは郭巨山。
b0041253_23552274.jpg


宵山くらいになって来ると人が多すぎてとても近づけないのですが、今回は行ってきました。
長刀鉾。
b0041253_23592821.jpg


やっぱり祇園祭は長く続けてほしいので、長刀鉾のところで手ぬぐいを買ってきました。
ちまきにしようかと思ったけど、食べられないのでやめました。
(いや、厄よけもいいんだけど。マンションだし、飾るの難しいかなあって思って。)
占出山の吉兆あゆも欲しかったけど、人が多くてやめました。

人出がたくさんで、暑くって、ちょっぴり疲れたけれど、やっぱりこういう雰囲気を味わいにいくのはいい!

歩き回った末のビールも美味しかったです。
[PR]
by ckaede | 2009-07-14 23:53 | 京都
六角堂が見える
会社の飲み会があったので、待ち時間を利用して六角堂が見えるスタバに行ってきました。

六角堂のすぐとなり、烏丸通沿いにあるのですが、京都市の条例(景観に関するもの)によって
「烏丸通りからガラス越しに見える六角堂を遮らない」
ていう条件の下に作られているそうです。

店内から見た六角堂はこんな感じ。
b0041253_23483838.jpg

もうちょっと暗くなってからライトアップされる感じを見てみたかったな。

大きなガラスのそばに、ちっちゃいサイドテーブルを置いた一人ソファ席があります。
今回は、会社の人と行ったのでテーブル席に座りましたが、次回は本でも持ってゆっくり一人席に座ってみたいなと思いました。

暑かったけど、あったかいのが飲みたくなった。
b0041253_23495751.jpg

おいしかったです。
また行きたいと思いました。
[PR]
by ckaede | 2009-07-10 23:45 | 京都
花まつり
佛光寺というお寺で、花まつりをやっているということで行ってきました。

わたしが見に行った内容は、仏像の公開、しだれ桜のライトアップ、お釈迦様の生涯を描いた絵の原画展公開などです。
他にもお茶室があったり音楽のライブがあったりもするとのことでした。
b0041253_2142632.jpg

b0041253_21421499.jpg

最初に見に行った時の桜。
枝垂れ桜も綺麗です。

で、ここで重要文化財の仏像の公開に行ってきました。
佛光寺塔頭の大行寺というお寺です。
阿弥陀如来立像で快慶作、だそうです。
快慶ってわたしでも知ってる仏師さんです。すごいなー。
仏様の前で拝んで、終わったところでお坊さまが声をかけて下さいました。
最近大学の先生がこの仏像を研究されたとのことで、その研究資料を見せて下さいました。
その研究資料に、いろんな角度からの写真が載っていました。どこからみてもいい表情をされていたのですが、ちょっと斜めからとった写真がとても素敵な表情に見えました。
なんだか優しい表情で。

いいものを見せていただいて、とても嬉しかったです。
[PR]
by ckaede | 2009-04-10 21:37 | 京都
須賀神社の節分
須賀神社に行ってきました。
この神社では節分にちょっとかわったお守りを頂けるのです。

節分のポスターがこれ。

b0041253_17205071.gif


節分祭には、烏帽子水干姿の「懸想文売り」さんが「懸想文」というのを売り歩いているのです。ポスターはお嬢さん達が懸想文売りさんからこの懸想文を買ってる様子。
懸想文というのは、今で言うラブレターです。
手紙好きとしては押さえておきたいお守りな訳です。
今は懸想文がお守りになってるから「買う」って言っちゃいけないのかな??
鏡台やタンスに入れておくと、容姿端麗になり良縁が舞い込み、衣装も増えるといわれているんだそうな。

懸想文売りさんはご覧の通り烏帽子水干姿に覆面をしています。そもそも、お金のない貴族が素性を隠してラブレター代筆のアルバイトをしていたのが「懸想文売り」さんなのだそうです。だからこんな怪しい格好なのです。懸想文売りさんは二人いらっしゃったんだけどさすがに写真を撮らせてもらえるようなお願いはできませんでした。小心者で。

わたしの前にちょうど二人組のお嬢さんが懸想文を求めていました。
やたら真剣に質問しているので便乗して後ろから聞いていました。
文は折り畳んで結び文になっています。それが「梅の枝」を模した紙にささっています。模したといっても枝のカタチじゃなくて梅の枝の絵が描いてあるのです。そしてそれと説明書が大きな紙に包まれている。タンスの中に入れるのは結び文だけでいいんだそうです。「人知れず」入れなくちゃいけないんですって。誰かに見せちゃいけないんだそうです。
懸想文がおもしろかったので写真でアップしようかと思ったけれど、やめておきます。
「幸せになれますか??」って真剣に聞くお嬢さんに対して、一瞬ぐっと詰まった懸想文売りさんがおもしろかった。
「そ、それはご自分次第です。頑張って下さい」
とのことでした。
b0041253_17335492.gif


ほかの節分行事としては、2日は縁結びの神に因み、翁と媼姿の追儺招福の豆まきが行われるんだそうです。
[PR]
by ckaede | 2008-02-02 17:17 | 京都
メキシカンで十日えびす
会社の人とお食事に行きました。
メキシカン料理を食べたときに、そのお店では生演奏があってギロなんかの楽器を持って参加できるというお話を聞いたので「行きたい!」と騒いだら連れて行って下さったのです。
いえい。

メキシコのビール二種。
b0041253_13425310.jpg

b0041253_1343347.jpg

上の写真のボヘミアってヤツ、おいしかったです。

人生初(たぶん)タコスなどたのしみました。
そして生演奏もありました。
わたしはギロがよかったのにギロがなくって、おっちゃんにタンバリンを勧められました。
しかも「後打ちしてね」と叩き方まで指定。
ギロがよかったなー。楽しかったけど。

メキシコ料理はお店の方の数が少なく、なかなか料理が出てこなかったのでお店を変えることにしました。(でもお店の人に丁寧に謝られたので一切悪感情を持ちませんでした。)
普通の居酒屋で普通にお話をして、帰ろうとお会計にたったところ。

「これからえびすさんに行かれるんですか?」
とお店の方に尋ねられました。
そういえば、来る途中、四条河原町辺りでやたら笹を持った人にでくわしたのです。
このへんでえびすさんなんてあったかしら?駅が近いからどこかでえびすさん参りをしたかえりなのかもしれませんね・・・・・なんて話をちょうどしていたのです。
「このへんにあるんですか?そういえば、来る途中で笹を持った人がたくさんいたので、このへんにあるのかって話してたんです」
お店の方の話に寄ると、南座をちょっと東に行ったあたりからずっとえびすさんまで屋台が続いていてすぐにわかるとのことです。京都は厳しいから、屋台も11時くらいまでしかやってませんが、にぎわってるから楽しいと思いますよ、とのこと。
その話を聞いたらむずむずしてきました。屋台、だいすきー。

「わたし、行きたいです。行こうと思います。」
と宣言すると、最初は「へー」っていう程度で興味がなかった会社の方もつられたのかいらっしゃることになりました。
京都えびす神社です。
こんなところにえびすさんがあるなんて知らなかったーって言ってたけど、けっこう有名な由緒あるえびすさんだったようです。
東映の女優さんとか、舞子さんたちが福笹を授けたりしてくれる行事もやっているみたいです。
参道は屋台でたくさん!
何も買ったりしなかったけど屋台の雰囲気だけでわくわくします。
かるめらとか昔ながらのメニューが多くて楽しかったです。同行者は「ベーコンエッグ鯛焼き」というのをみて「そんなん邪道や!」とおっしゃってましたが。
福飴(千歳飴みたいなかんじのやつ)とか酒粕とか甘酒とかにとってもひかれました。

えびすさんについたらものすごい人だかりで、ちょっとおどろきました。帰りが遅くなるのは困るので、鐘を鳴らしてお参りする列には並ばずに、はしっこからちょっとお賽銭を入れてお祈りして帰ってきました。

すごく楽しかった!
こういう偶然ってつかまえると楽しいことが多いなと改めて感じました。
[PR]
by ckaede | 2008-01-10 23:39 | 京都
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30