りんぱ
今日は京都国立博物館にいってきました。
b0041253_19162487.jpg
今年は琳派のアニバーサリーイヤーということらしくて、いろんなイベントが開催されているんですが、そのなかでも大きな規模の展覧会だと思います。

俵屋宗達が絵を描いて、本阿弥光悦が字を書いた巻物にうっとりしました。顔料と金と銀を使ってると思うのですが、線の繊細さとまるで印刷したかのような精緻さで、草花が表現されていました。

俵屋宗達の屏風絵の部屋があって、ずっとそこにいたかったです。秋草の屏風が特に好き。

高校生のころ、伏見城の板をはがしたという血天井を見たくて友達と行った養源院のすぎと絵もありました。十年くらい前、3つの風神雷神図を同時に見られる展覧会に行った時に見た、二つの風神雷神図もありました。絵の過ごしてきた時間からはほんの一瞬なんだと思うけど、わたしにしたら長い時間で、それでもわたしは何にも変わってないなと思ってなんか切なくなりました。

次にいつ会えるかわからないけど、次回の自分はもっと素敵な自分でいたいです。

[PR]
by ckaede | 2015-10-24 19:15
<< 正倉院展 クリスマスケーキ! >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30